メニュー企画 メニュー開発

開発にかかるコストってどれくらいかかるの?

更新日:

例えば季節限定メニューを一品開発するとした場合、それにあたるコストは一体どのくらいかかるのでしょうか?

 

一口に開発といっても、商品企画・試作・レシピ化・導入・販促物制作・PR、プロモーションと、いくつものステップを踏んで始めて商品化される事になります。

 

その商品化までのステップでコストがかかる部分を抽出してみると、「試作材料費」「販促物制作費」「宣伝広告費」「備品購入費」の4つに分類されます。(※今回の説明では人件費を含まないものとします)

 

 

それでは、その分類したコストを1つずつ見ていきます。

 

1「試作材料費」

開発する商品にもよりますが、おおよそ1つの商品を完成させるのに1〜2万円程度が目安となってきます。

 

2「販促物制作費」

商品撮影・POP&ポスターデザイン・印刷と、各工程毎に費用が発生します。

クラウドソーシングなどを活用した場合でも、5万円程度はかかってくるでしょう。

撮影・デザインが内製化できれば、当然コストを抑える事が可能です。

 

3「宣伝広告費」

例えば、インターネット広告・外部向け試食会・キャンペーン開催など、施策によって金額もピンキリですが、何かを実施するにあたって数万円は見ておいたほうが無難です。

 

4「備品購入費」

基本的にはあるものを使うが鉄則ですが、商品をよく見せるために必要なお皿や飾り、また調理に必要な器具を購入する必要が出てくる場合があります。1つの目安として、5千円程度は考えておいた方がよいでしょう。

 

以上のように、ざっと計算しただけでも1つの商品をリリースするまでに10万円近くのコストがかかってくることになります。
当然やり方次第でコストは大幅に変わってきますが、外へ向けての情報発信をしっかりと行う事も見据えた開発を行う場合には、それに伴う間接コストがかかってきます。

 

ですので1つ1つの工程で費用対効果を計りながら、できるところは自分で行うの姿勢が大切です。

 


↓↓↓

ブログをご覧頂いた方へ『限定特典』プレゼント!!

 

✩どうぞお気軽に問合せください✩

問合わせはこちらから

 

【 twitterページ 】

https://twitter.com/CREATIVE_DEVE

 

【Instagram 】

https://www.instagram.com/creativedevelopment_inc/?hl=ja

 

【ホームページ】

https://cd-web.net

-メニュー企画, メニュー開発

Copyright© , 2019 All Rights Reserved.