メニュー開発

【2019】最近のカフェ傾向について

更新日:

さて、弊社は開発に携わる業務を行っていますので、常日頃からインプットを怠らないように心がけており情報のアップデートを日々繰り返しています。

 

以前書かせて頂いた時と比べ、最近ではトレンドがまた少しずつ変化しているように感じています。

 

弊社の見解では最近は外食全体で専門店化が進んできており、看板メニューに振り切ったアイテムを持つ業態に人気が集まっているように感じています。

 

振り切った看板メニューで繁盛しているお店はたくさんありますが、ここで事例を二つほど紹介したいと思います。

 

 

皆様はかつお食堂をご存知でしょうか?

 

メニューは「かつお節ご飯」1種類しかないとんでもなく尖った食堂です。

 

実際に訪れてみると、店主のかつおに対する愛情と普及させていこうという熱意をひしひしと感じます。

 

そしてその熱意がストーリーとなり商品価値向上へと繋がっています。

 

とても小さなお店ですが、いつも行列の出来ている人気店です。

 

また浅草にある日本茶専門店の「壽々喜園」では、抹茶ジェラートを販売しています。

 

ここまではよくある話ですが、壽々喜園では「世界一濃い抹茶ジェラート」というものを販売しています。

 

とにかく濃い抹茶のジェラートなのですが、多くの人がこのジェラートを求め足を運びます。

 

このように上記は一例ではありますが、ここから学べる事が多々あります。

 

今ではカフェも居心地やオシャレ感だけで人を呼ぶ事はとても困難です。

 

「専門店とカフェの融合」が今後カフェの主流になってくるように思います。

 

ですので必然的に商品力は大事な要素となり、そして事例のようなエッジの効いた商品を持つ事をカフェにも求められるようになってくるのではと考えています。

 

もしそんなエッジの効いた商品開発のご希望なら、弊社は大歓迎ですのでどうぞお気軽にお声かけください^_^

 


 

まずは弊社サービス資料をご覧下さい

資料請求はこちらから

 

✩どうぞお気軽に問合せください✩

問合わせはこちらから

 

【 twitterページ 】

https://twitter.com/CREATIVE_DEVE

 

【Instagram 】

https://www.instagram.com/creativedevelopment_inc/?hl=ja

 

【ホームページ】

https://cd-web.net

-メニュー開発

Copyright© , 2019 All Rights Reserved.