トレンド メニュー企画

【メニュー企画】インプットの活かし方

更新日:

前回のブログ『メニューアイデアに行き詰まらないために』では、主にインプットに関する方法をお伝えしました。

 

しかし、インプットだけしていてもそれが企画(アウトプット)に生かされなければ、宝の持ち腐れとなってしまいます。

 

ではメニュー企画する際に、どう培ってきたインプットを活かしていけば良いのでしょうか?

 

インプットの活かし方について、実際の企画の流れに沿ってご説明していきたいと思います。

 

  1. テーマを決める
  2. 商品のアイデア出し
  3. 盛り付けイメージを固める
  4. 味の方向性を決める

 

 

1.『テーマを決める』

 

まずは企画のテーマを決めるところから始まります。

 

メニューリニューアルであれ期間限定商品であれ、トレンドを押さえておく事は大切です。

 

例えば今ならタピオカミルクティーを代表とした台湾ティーがトレンドなので、台湾ティーや台湾スイーツのフェアやタピオカを使ったドリンクフェアなどが考えられます。

 

台湾ティーはほんの一例ですが、トレンド情報を押さえておくことで時代にあった様々なフック作りが可能になります。

 

2.『商品のアイデア出し』

 

テーマが確定したら商品のリストアップに入ります。

 

あなたがセンスが良いと感じ、かつテーマに合う商品を出しているお店のメニューを参考に、ドンドン候補を挙げていきます。

 

この時もインプットした情報が大いに役立ちます。

 

3.『完成イメージを固める』

 

商品の候補が定まったら、料理人との共有のために完成イメージを固めます。

 

この時も視察先や画像検索などから、イメージに近い候補を挙げていきます。

 

4.『味の方向性を決める』

 

料理人との味の方向性の共有も大切です。

 

例えば、すっきりなのか濃厚なのか?辛いのか酸っぱいのか?ここで料理人と同じ方向を向いていないと、向かうゴールもバラバラになってしまいます。

 

ここでも参考になるお店に料理人を連れて行くなどの体験共有などから、インプット情報が役に立ちます。

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

このように、メニュー企画を進めて行く中でこれまで培ってきたインプット情報は、大いに活かす事ができます。

 

どんどんインプットを繰り返し、メニュー企画へと活かしていきましょう。

 


↓↓↓

ブログをご覧頂いた方へ『限定特典』プレゼント!!

 

✩どうぞお気軽に問合せください✩

問合わせはこちらから

 

【 twitterページ 】

https://twitter.com/CREATIVE_DEVE

 

【Instagram 】

https://www.instagram.com/creativedevelopment_inc/?hl=ja

 

【ホームページ】

https://cd-web.net

-トレンド, メニュー企画

Copyright© , 2019 All Rights Reserved.