新規開業

立地に適したカフェの業態設計とは?

更新日:

あなたカフェというと、どんな形をイメージされるでしょうか?

 

『雰囲気の良いゆったりと過ごせるカフェ?』

 

『テイクアウトを中心としたシアトル系コーヒースタンドのようなカフェ?』

 

『レストランのような、しっかりと食事をできるカフェ?』

 

カフェといっても様々な形態(業態)があります。

 

立地に寄って相性の良さは様々です。

 

そこで今回は、立地別に相性の良い業態を紹介していきたいと思います。

 

 

【繁華街】

繁華街は買い物や外食など、何かしらの目的を持って訪れる場所です。

 

待ち合わせや移動前後の休憩など、目的の補完的な役割のニーズが高いといえます。

 

ですので「サクッと休憩できるカフェ」が相性が良いと考えられます。

 

【郊外】

駅から外れてしまうエリアでは人の数もグッと減ってしまうので、カフェを訪れるにも何かしらの目的が求められます。

 

来店して頂く目的を訴求するには、お客様を惹きつけるだけの圧倒的な魅力が必要です。

 

やはりその魅力は、フードやドリンク類であるべきだと思います。

 

ですので「〇〇といえばココ!と言われる、1番商品を持つカフェ」を目指すべきだと思います。

 

【住宅街】

住宅街では、近隣に住む方々がメインターゲットになります。

 

ご近所さんの集まり・パソコン作業・読書・手軽な食事など、利用動機も幅広いです。

 

ですので、地域に愛される「何かと便利な使い勝手の良いカフェ」が良いと言えるでしょう。

 

【駅前】

駅前は、これから出発する人・今帰ってきた人・買い物に来る人など、人々の目的が行き交っているのが特徴です。

 

ですので、住宅街に近い様々な利用動機に対応できる事が理想的ですが、やはり家賃が高いので回転率が求められます。

 

ですので、「休憩もできるし持ち帰りもできる効率の良いチェーン店のようなカフェ」が現実的だと言えます。

 

【商業施設】

繁華街同様、商業施設は何かしらの目的を持って訪れる場所です。

 

しかし繁華街と違うのは、そこが目的地である場合が多く、施設内を回遊して皆さん疲れています。

 

そういった方々は、休憩がてらで甘いもの欲しています。

 

ですので、「ゆったりくつろげてスイーツを食べれるカフェ」が相性が良いと言えます。

 

上記のように、立地によって求められるカフェの形態も様々です。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

もちろん上記に挙げたものがすべてではなく、違う形態でも繁盛しているお店はあります。

 

ですので出店計画をする際には、しっかりと立地特性を見極めた上で上記情報も参考にしてみて下さい☆

 


↓↓↓

ブログをご覧頂いた方へ『限定特典』プレゼント!!

 

✩どうぞお気軽に問合せください✩

問合わせはこちらから

 

【 twitterページ 】

https://twitter.com/CREATIVE_DEVE

 

【Instagram 】

https://www.instagram.com/creativedevelopment_inc/?hl=ja

 

【ホームページ】

https://cd-web.net

-新規開業

Copyright© , 2019 All Rights Reserved.