カフェプロデュース

【カフェプロデュース】メニューから客単価を上げる

 

 

弊社では、クライアント様のカフェ立ち上げの際のメニュー開発全般を担当させて頂く事があります。

 

その際に、まずはじめに意識する事は『コンセプトの具現化』であり、どういうメニュー構成を組めばコンセプトと一貫性を持たせる事ができるのかに注力をします。

 

具体的にはコンセプトを構成する要素を分解して考え、例えばお客様像・利用シーン・予算感などをイメージしながらそれぞれの項目に対して最適なメニューを考えていくのです。

(コンセプトの具現化について、こんなブログも書いています)

 

そしてそのメニュー構成の中で、客単価の最大化を目指すのもメニュープロデュースの役割のひとつといえます。

 

例えば客単価を上げるためには、お客様がメニューを選択する際の行動動線から『もう一品』に繋がるようなアプローチを考えたり、各商品にプラスアルファの価値をつけ、販売価格を上げていく事などを考えたりします。

(このような細かい施策の積み重ねが、客単価アップに繋がるのです)

 

そこで今回のブログでは、弊社がメニュープロデュースを手掛ける際の客単価を上げる施策にフォーカスし、いくつかの手法を下記にまとめていきたいと思います。

 

HPはこちら ↓↓

 

 

ストーリーからメニュー構成を作る

 

 

まずはじめに、こんなシーンを想像してみてください。

例えばお昼時に若いママ2人が、近所のカフェにランチに訪れたとします。

 

あるお店で、若いママ2人が子供のお迎えまでの時間をゆっくり過ごそうとしています。

まずはランチを召し上がり、食後にセットでついているドリンクを飲みながら話に夢中です。少し時間が経つと、何か口寂しくなりスイーツが食べたくなりました。

そこに「食後にスイーツメニューはいかがですか?」というPOPが目に留まり見てみると、美味しそうなスイーツの写真が並んでいます。

その写真を見たらより食べたくなってきて、追加でスイーツを注文してさらに話は盛り上がります。

そろそろドリンクがなくなりそうですが、追加注文するほどでもないと2人とも感じています

しかし、ドリンクのおかわりは+¥200でてきるという情報が目に止まりました

それならと言う事でドリンクのおかわりをして、さらに楽しいおしゃべりは続きます・・・。

 

あくまで上記は一例ですが、ターゲット層の行動をストーリー化することにより「ランチ」「スイーツ」「追加ドリンク」と3つの課金ポイントを作る事ができました。

 

もしここで、「ランチ」だけの提案しか行われていなかったら追加注文もなかったでしょう。

 

このように、ターゲット層の利用シーンにフィットしたメニューが構成され、最適な提案がなされていれば、お客様も無意識のうちにもう一品注文したくなるものなのです。

 

セットメニューの推奨

 

 

次の方法として、セットメニューの推奨があります。

 

ランチ・デザート・ドリンクセットなどのメニューが用意されており、それがちゃんとオススメされているかいないかで、客単価の上がり方が変わってきます。

 

セット表記されているとお客様は無意識に「お得だ」と認識し、頼むつもりのなかったサイドメニューが付いていても、ついついそちらに手が伸びてしまいます。

 

皆様も経験があると思いますが、お客様心理は決して合理的ではなく、時にその場の感情に流されて選択してしまう場合もあるのです。

 

そういった意味ではマクドナルドのメニュー構成はよく練られており、バリューセットを注文するのが当たり前になっていますし、注文するものを事前に決めていてもついつい単価の高いメニューに目がいってしまう仕掛けになっているところが「さすが」の一言につきますよね。

 

オプションの充実

 

 

オプション(トッピング)を充実させることも、客単価を上げる施策の一つといえます。

 

分かりやすいところでいくと、カレーハウスCoCo壱番屋のメニュー構成でしょうか。

 

カレーという単一商品でも、トッピングメニューが充実している事で必然的にそちらに視線がいってしまいます。

 

CoCo壱番屋のお店へ行った事がある方なら分かると思いますが、トッピングの乗っていないシンプルなカレーを頼んだ事がある方はほとんどいらっしゃらないのではないでしょうか。

 

メニューの見せ方ももちろん関係してきますが、オプションメニューを充実する事で、多少価格が高くてもそちらを選んでしまうのがお客様心理というものです。

 

例えば看板メニューのオプションメニューを充実させて、選べる楽しさを演出する事で客単価アップに繋げるのもひとつですよね。

 

まとめ

 

 

いかがだったでしょうか?

 

それぞれの手法にはカフェのなかでも向き不向きの業態が存在しますので、自店に合う施策を見極めながら選択するのが良いでしょう。

 

客単価は何もしなければ上がりませんので、お客様心理を考えながら喜ばれるメニュー設計を心掛けたいですよね。

 

弊社では、メニュー開発は当然ながらメニュー構築のアドバイサリーも行っておりますので、客単価アップでお悩みの際にはお気軽に問い合わせ下さい。

 

※あわせて読みたい記事『売れるメニュー開発の流れ


HPはこちら ↓↓

 

まずは弊社サービス資料をご覧下さい

資料請求はこちらから

 

メニューに関する相談はお気軽にどうぞ

問合わせはこちらから

 

【 twitter 】

https://twitter.com/CREATIVE_DEVE

【Instagram 】

https://www.instagram.com/creativedevelopment_inc/?hl=ja

【Facebook】

https://www.facebook.com/creativedevelopment11/

-カフェプロデュース

Copyright© CREATIVE DEVELOPMENT株式会社 , 2020 All Rights Reserved.