メニュー開発

【テイクアウト業態】メニュー構築の注意点

更新日:

現在カフェは様々な形に進化しています。

 

サードウェーブコーヒーのブーム以降、スタンド型のテイクアウト業態がとても多くなりました。

 

さらにサードウェーブコーヒーからトレンドは移り変わり、現在ではタピオカミルクティーを主力商品としたティースタンドが主流です。

 

もしあなたがそんなテイクアウト型の業態の出店を検討する際には、着席型のカフェとはビジネスモデルが大きき違うので同じ商品を提供するにも仕組みを大きく変えなければなりません。

 

今までの弊社の開発経験から言うと、テイクアウト業態での仕組み構築の際に重要なポイントは二つあると考えます。

 

一つ目が「提供スピード」。

 

そして二つ目が「少人数のオペレーション」です。

 

今回のブログでは、仕組み構築に重要なその二点について詳しく書いていきたいと思います。

 

 

 

1. 提供スピード

 

テイクアウト業態では、提供スピードの速さはメチャクチャ大切なポイントとなってきます。

 

着席タイプのカフェで5分待たされてもお客様はそこまで気にされませんが、テイクアウト店で5分待たされるとお客様はとてもイライラします。

 

提供するアイテムにもよりますが、肌感覚で言うとおおよそ2分以内の提供がお客様にストレスを与えない適切な時間と言えそうです。

 

ですので企画の段階で、いかに早く提供できるオペレーションを構築するかを優先的に考え、商品開発もそれに合わせる形で行う事が重要です。

 

味はもちろん大切ですが、それ以上にスピード提供をお客様は求めています。

 

2. 少人数のオペレーション

 

テイクアウト業態は、概ね店舗が小さく作業動線も狭く動きづらいです。

 

また着席型のカフェとは違い、容器や袋やロゴシールなどのコストがかかってくるので原価率も高めになります。

 

ですので少人数でのオペレーションがテイクアウト業態では必須であり、そうする事でスムーズな動線確保やFLコストのバランス調整ができるのです。

 

ですのでメニューを構築していく際にも、「少人数で回せるか」「FLコストバランスは適正か」その二点に重点を置き、たとえ提供したい商品があっても、その二点にそぐわない場合には諦めるか改良する事が求められます。

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

以上のように、テイクアウト業態には着席型のカフェとは違った仕組みの構築が必要です。

 

弊社はテイクアウト業態の出店サポートも多数行っておりますので、気になる事がありましたら是非お問い合わせ下さい☆

 


↓↓↓

まずは弊社サービス資料をご覧下さい

資料請求はこちらから

 

✩どうぞお気軽に問合せください✩

問合わせはこちらから

 

【 twitterページ 】

https://twitter.com/CREATIVE_DEVE

 

【Instagram 】

https://www.instagram.com/creativedevelopment_inc/?hl=ja

 

【ホームページ】

https://cd-web.ne

-メニュー開発

Copyright© , 2019 All Rights Reserved.