メニュー構成 メニュー開発

既製品の活用方法について

投稿日:

さて、弊社はメニュー開発に特化したビジネスを行なっていますので食材も様々なものを取り扱います。

 

クライアント様のご要望に応じ、オリジナリティの高い商品をお求めであれば食材にこだわりのあるものを使った手の込んだ商品の開発を行いますし、アルバイトさんを中心とした運営をお考えであればできる限り簡単に作れる商品の開発を心がけています。

 

その中で我々が考えなければならないのは既製品の使用をどう考えるか?

 

例えばケーキやハンバーグなど、業務用食品卸の会社さんを通せば様々な完成された食材が簡単に手に入ります。

 

極端な話それをそのまま出しても一品として成立します。

 

モノによっては下手な手作りの商品よりずっと美味しかったりもするんです。

 

だったらそれをそのまま出せば良いのでは?と思われるかもしれませんが、今の時代はそれだけでは商品に魅力を持たせられる事はできません。

 

やはり既製品というのは広く流通している分どこにでもある味わいになりがちです。

 

たとえ簡単に作れるとしても、お客様から見たら満足度の低い商品となってしまいます。

 

 

前回のブログでも書かせて頂きましたが今はカフェにも商品力が求められる時代に変化してきていますので、既製品をそのまま出していたのでは競合との戦いに勝つ事できませんしお客様にも魅力を感じて頂く事はできません。

 

ですので弊社では、既製品を使用する際にはできる限りサブアイテムになどに織り交ぜながら使用するようにしています。

 

ただその際にも、既製品をそのまま使うのではなく必ず味にひとアレンジを加えるようにしています。

 

それだけでも味にオリジナリティが出ますし、さらに味を美味しくする事もできます。

 

カフェは単価の低いビジネスですので、少人数で回す(運営する)効率の良いオペレーションが必須です。

 

ですので既製品を上手く取り入れながらメニューを組んで行かないと、現実問題FLコストのバランスを保つのは難しいといえます。

 

経営の視点で考えるとメニュー開発は経営活動の中の役割の1つとなるので、我々も人件費と原材料費のバランスを考えながら開発を行わなければなりません。

 

ですので既製品は「上手く活用しながらアレンジをして使用する」のが、良い向き合い方なのではと考えています^_^

 


↓↓↓

ブログをご覧頂いた方へ『限定特典』プレゼント!!

 

✩どうぞお気軽に問合せください✩

問合わせはこちらから

 

【 twitterページ 】

https://twitter.com/CREATIVE_DEVE

 

【Instagram 】

https://www.instagram.com/creativedevelopment_inc/?hl=ja

 

【ホームページ】

https://cd-web.net

-メニュー構成, メニュー開発

Copyright© , 2019 All Rights Reserved.