メニュー企画 メニュー構成

コンセプトの大切さについて

更新日:

私たちは仕事柄様々なお店を訪れ、多くのメニューを目にします。

 

その中でとても勉強になるなと思うお店もあれば、逆にここをこうした方がいいのでは?と感じるお店もあります。

 

その両者のメニューには、どのような違いがあり何故魅力に差を感じるのか?

 

そこを突き詰めて考えた際「コンセプトの具現化」の可否が、メニューの魅力に差を作っているように感じます。

 

では、コンセプトの具現化がされている場合とそうでない場合とでは、どのような違いが出てくるのでしょうか?

 

今回は私たちが思う、その具体的な違いについてブログにしてみようと思います。

 

 

  1. 全体の統一感
  2. 利用シーン
  3. 主観的な開発

 

1.  全体の統一感

 

コンセプトが具現化されたメニューでは、全体的な統一感があり違和感を感じる事がありません。

 

反対にコンセプトが具現化されていないと、構成にムラがあり、思いつきのアイデアを織り交ぜたのでは?と感じるまとまりのない印象を受ける事があります。

 

2. 利用シーン

 

こちらもコンセプトが具現化されていると、お客様の利用シーンに合わせたメニューが構成されているので「この商品はこんな時にこんなお客様が注文されるのかな」と、イメージが湧きます。

 

反対コンセプトが具現化されていないと「これは誰に向けた商品だろう?」と、疑問が湧いてしまいます。

 

3. 主観的な開発

 

そうなってしまう理由を考えてみると、そのようなお店では最初に掲げたコンセプトが風化してしまい、お店の都合や主観的なアイデアが無意識のうちに優先されてしまっているのではと思います。

 

私たちも常に気をつけている事ですが、コンセプトを常に意識しておかないとトレンドや自分の発想を優先させた開発をしてしまいがちです。

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

以上のように、コンセプトが具現化されているかいないかでメニューの魅力に大きな差が出てくるように思います。

 

特に開業して月日が経っているお店ほど、コンセプトの風化の傾向があるように感じます。

 

もし心当たりを感じた場合には、是非一度メニューを見直してみてください☆

 


↓↓↓

ブログをご覧頂いた方へ『限定特典』プレゼント!!

 

✩どうぞお気軽に問合せください✩

問合わせはこちらから

 

【 twitterページ 】

https://twitter.com/CREATIVE_DEVE

 

【Instagram 】

https://www.instagram.com/creativedevelopment_inc/?hl=ja

 

【ホームページ】

https://cd-web.net

-メニュー企画, メニュー構成

Copyright© , 2019 All Rights Reserved.