レシピ開発

カフェメニューのレシピ開発について

更新日:

弊社はカフェメニューに特化した企画・開発をサービスとして提供しております。

 

その中でレシピ開発というのは、商品開発の業務の中の一つであり、その商品を作り上げるための調理工程や配合を記した説明書のような役割を担います。

 

弊社では独自のフォーマットを用意し、そのフォーマットを使いクライアント様へレシピを納品させて頂いております。

 

レシピを開発する際、様々な商品依頼が来ますので、今までに作った事のないものも当然出てきたりします。
(実際のところ、ご依頼の9割方が作った事がない商品と言っていいのかもしれません)

 

しかしクライアント様のご要望にお応えするのが我々の使命ですので、そこはプロとしてしっかりとご要望にお応えしなければなりません。

 

ではそういった開発経験のないレシピの依頼があった場合、どのようにして我々は開発をするのか?

 

今回のブログでは、様々ご依頼に対して我々が行なっているレシピ開発の実情(裏側)をお伝えしていきたいと思います。

 

 

食べ歩きから、味のゴールを決める

 

まずはご依頼を頂いた商品を「どのような味に仕上げるのか?」というゴール設定から入ります。

 

目指す味が先にあると、そのために必要な食材・調理が見えてきますし、自分が美味しいと感じている味だからこそ、大きく失敗する事がありません。

 

ですので、はじめに目指す味を確定するためにベンチマークする味を見つけます。

 

表題にある食べ歩きとは、そのための手段であり、様々なお店を食べ歩く事でどんな味を目指すべきかが 徐々に分かってくるから行うのです。

 

様々なところから情報収集を行う

 

目指す味を確定させたら、それを作るためにどのような食材を使い、どのような調理工程で作りあげればよいのか?について研究を行います。

 

具体的には、ウェブや本などのツールをメインにリサーチを重ね、大まかなレシピを把握し、そこからどうレシピを設計するのか企画を行なっていきます。

 

基本的に使う材料は、どのレシピも大幅に変わる事はありません。

 

その基本の材料をベースに、想像力を働かせながらどんな材料を足せばイメージする味が具現化できるのか考えるのです。

 

この段階で、レシピのおおよその方向性が固まっている状態ですので、あとは目指す味を作り上げるために試作を行なっていきます。

 

試作を繰り返し、目指す味を確定させる

 

ここからは、ひたすら試作に取り組みます。

 

その時々によって違いますが、概ねすぐに味が決まるという事はなく、何度か試作を行い徐々に定まってくる場合が多いです。

 

経験則ではないですが、「ここをこう変えていけば」といった改善案が少しずつ浮かび、目指す味に近づいていきます。

 

そうしたステップを踏む事で、開発経験のない我々のレシピは生まれていくのです。

 

終わりに

 

今回のブログでは、商品開発の中のレシピ開発にフォーカスしお伝えしました。

 

弊社のクライアントの多くは「シェフのいないアルバイトを中心に店舗運営をしている方々」です。

 

ですので、「簡単に調理できる」ことや「覚えやすいこと」がとても大切です。

 

ですので、味だけにフォーカスしすぎてもダメですし、場合によっては味を犠牲にする事さえあります。

 

我々はクライアント様の都合に合わせた開発を心がけていますので、全体最適で考えられたレシピが良いレシピだと考えているのです。

 


 

まずは弊社サービス資料をご覧下さい

資料請求はこちらから

 

✩どうぞお気軽に問合せください✩

問合わせはこちらから

 

【 twitterページ 】

https://twitter.com/CREATIVE_DEVE

 

【Instagram 】

https://www.instagram.com/creativedevelopment_inc/?hl=ja

 

【ホームページ】

https://cd-web.net

-レシピ開発

Copyright© , 2019 All Rights Reserved.